「インプラントは歯の機能を重視」の記事一覧

デメリットよりもメリットの方が比較にならないほど大きい

インプラント治療ではデメリットよりもメリットの方が比較にならないほど大きいんです。自由診療で治療費が高額であっても、治療期間が長期間にわたっても、外科手術が必要であっても、それ以上に大きなメリットを享受できます。 入れ歯・・・

インプラントメーカーが主催するセミナーに参加

あまり知られていませんが、最近まで大学ではインプラントを学ぶことができませんでした。向上心溢れる歯科医たちは有名なインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、日本のインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を・・・

チタン製のボルト状のものを歯茎の下の顎の骨に

インプラント治療で多くの方が気にしているのが痛みに関することです。チタン製のボルト状のものを歯茎の下の顎の骨に埋め込むわけですから、人生最大のヒドイ痛みを想像しがちです。 ですが実際には、麻酔が充分に効いていますので、せ・・・

人工歯根に義歯を装着するもの

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯・・・

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。 差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけで・・・

保険適用されることはごくまれ

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても・・・

自分の歯と同じように噛めるインプラントにしたく

自分の歯と同じように噛めるインプラントにしたくても、手術が怖くて踏み出せない、という方もいるかもいしれません。 あまりに恐怖心が大きいと手術全般にわたって無駄に大きい反応をしてしまい、危ないシチュエーションをわざわざ自分・・・

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。下

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。 下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳以上の方であってもインプラント手術を受けられているようです。ただ、年齢的には問題はなくても健康状態によっ・・・

歯科治療の現場は日々進化を続けています。最

歯科治療の現場は日々進化を続けています。 最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。 酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてし・・・

入れ歯の装着に違和感があるという方、また

入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ