探偵に依頼した浮気調査

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースも少なくありません。
時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。
調査にかかる期間が短くて済めば支払い額も安くなります。
探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚の必要性については考えるべきでしょう。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。
養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。
男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。
浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
ところが、探偵に頼むと費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。
探偵さんへの浮気調査の依頼には、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。探偵に浮気調査をお願いして、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。
相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。
調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、離婚するかしないか心が乱れますよね。
そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ