保険適用されることはごくまれ

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けることも十分あり得ます。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ