歯科治療の現場は日々進化を続けています。最

歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。
そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。
これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ