様々な条件によって、インプラント

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。
インプラント 梅田 症例数多い 歯医者

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ