今のところ、インプラントの歯根

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ