長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことにな

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ