インプラントは無くなった歯を再生できる夢の

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。
より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ