全てのインプラント治療にとって大事なのが

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。
しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。
また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。
根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくというのもありえます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ