インプラント治療を始める前にチェックすることとして、

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。
確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。
従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ