インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院それぞれでずいぶん違っています。インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ